株取引 分析方法

株取引を一から始める初心者にとって、まず何から取り組んでいくべきか迷う所もあると思います。

インターネットで無料シミュレーションし、失敗しながら学んでいく方法もあれば、実際に少額での試運転をする方法、はたまた膨大な資料を片っ端から読んで勉強する、という方法もあると思います。

いずれにしても難しく捉えすぎる事は無用で、株取引はコツを押さえて分析する力が何より重要になってきます。

株取引の分析には「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」という二つの方法があります。

テクニカル分析とは株式チャートに沿った分析方法であり、それまでの株価の動きや流れそのものを把握した上で判断する経験則になります。実際に株式チャートを見ながら直感で判断していく為、比較的分かりやすい方法と言えますが、不安定な社会情勢など、悪い未来を予測出来ないという特徴も持ち合わせています。

もう一つのファンダメンタル分析とは、社会情勢や各会社の今後の経済成長を見越し未来を予測した上で、銘柄の売買のタイミングを判断するという方法です。会社の成長を予測して購入するので、成長力がある会社やそうでは無い会社を見つけてしまえば判断しやすい反面、株価が伸びていく期間がどうしても長くなってしまうので短期間で勝負し利益を得たいという方にはあまり向いてないという特徴もあります。

どちらの分析方法においても、特徴を充分に捉えた上で冷静に分析し、自分なりの判断基準を作り上げていきましょう。
二つの分析方法を自分のものにし上手に使い分け出来る事が、株取引の成功に繋がるといえるのではないでしょうか。